Warframeの情報や初心者向け攻略等をお届けしていきます!

シータス速報




初心者向け

Warframe 【初心者向け】おすすめ武器MOD&ビルドの考え方 

投稿日:

MODについて

このゲームの武器はランクを最大まで上げても武器の強さは上がりません

MOD容量が増えるだけで、MODを入れることによって強さが変わります

つまり強化したMODを入れることによって、どんどん強くなっていきます

MOD容量はさらに増やせます

マーケットから設計図を買って、最大ランクまで育てても30しかないですが

オロキンリアクターをインストールすることによって倍の60まで増やせます

近接武器はスタンスMOD、フレームはオーラMODでさらに容量を増やすことができます

 

最大ランクの武器等にはフォーマを消費して極性というものを付与することもできます

下画像のように極性を付与した所に同じタイプのMODをセットすることで、MODコストが50%低下します

※極性とは右上の9の右のrのようなマークの事です、MODのタイプですね

 

初心者おすすめのMOD

まずは基本の基礎ダメージ!

  • ライフル Serration
  • ショットガン Point Blank
  • セカンダリ Hornet Strike
  • 近接  Pressure Point

マルチショット

マルチショットとは1発撃つと2発出る確率が増えるMODです

1~100%までがダブルショット、101~200%までがトリプルショットになる確率ですね

近接はありません

  • ライフル Split Chamber
  • ショットガン Hell’s Chamber
  • セカンダリ Barrel Diffusion

クリティカル確率

  • ライフル Point Strike
  • ショットガン Blunderbuss
  • セカンダリ Pistol Gambit
  • 近接 True Steel

クリティカルダメージ

  • ライフル Vital Sense
  • ショットガン Ravage
  • セカンダリ Target Cracker
  • 近接 Organ Shatter

毒、電気、冷気、火炎 の属性MOD

  • ライフル Infected Clip
  • ショットガン Contagious Spread
  • セカンダリ Pathogen Rounds
  • 近接 Fever Strike

電気

  • ライフル Stormbringer
  • ショットガン Charged Shell
  • セカンダリ Convulsion
  • 近接 Shocking Touch

冷気

  • ライフル Cryo Rounds
  • ショットガン Chilling Grasp
  • セカンダリ Deep Freeze
  • 近接 North Wind

火炎

  • ライフル Hellfire
  • ショットガン Incendiary Coat
  • セカンダリ Heated Charge
  • 近接 Molten Impact

ビルドを考えてみよう

基本的には長所を伸ばした方が強くなります、短所を伸ばした所で平凡な武器にしかなりません

どの武器種でも基礎ダメージ、マルチショットは確定として

クリティカル率が高い武器には、クリティカルダメージ、クリティカルダメージを優先的に

状態異常率が高い武器には、状態異常系を優先的に

(属性は組み合わせることによって複合属性になります、詳細は省きますが毒+電気の腐食や、毒+冷気の感染あたりがおすすめです)

さらにDPSを上げたければ発射速度、攻撃速度

近接のリーチを広げたければ、範囲を入れてみたりと

それでもまだ余っているようでしたら、リロード速度を上げて取り回し良くしてみたり・・・

ビルド例の紹介

例として私が今育成中の武器を紹介します

オロキンリアクターとフォーマを2個消費した状態ですね

左上から

・マルチショット 基礎ダメージ クリティカル率 攻撃速度

・冷気 基礎ダメージ+火炎 電気 毒+状態異常率

基礎ダメージを盛りながら、複合属性2種入れて、発射速度をあげて使い易くしてますね

 

 

惑星開拓も進んで行くにつれて強いMOD(ナイトメアMOD、遺跡船MOD、セットMOD等)

手に入ってビルドの幅も広がっていきますので

初心者の方は、自分なりのビルドを試行錯誤しながら惑星開拓を進めていくと楽しめるかと思います!

 

 

ad




ad




-初心者向け

Copyright© シータス速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.